よくあるご質問

居住者がいても、売却できますか?
可能です。オーナーチェンジできるので、すぐにお売りする事ができます。中古物件の場合、多くのお客さまが住みながら売却をされています。

売却時にはどのような広告・販売活動をするのですか?
当社のネットワークを通じて登録されているお客様へのご紹介、新聞折込チラシや住宅雑誌・インターネットでの広告掲載、オープンハウスの開催、 周辺住宅へのご紹介、不動産流通機構への物件登録、他業者様等へのご紹介などを行います。

折込チラシや住宅情報誌への掲載など、広告・販売活動の費用はかかりますか?
広告にかかる費用は弊社が負担いたしますので、お客様にご負担いただくことはありません。

自宅の周り近所に知られたくありません。周りに知られずに売却することはできますか?
可能です。その場合は、新聞折込広告やポスティングを行わなず、登録されているお客様の中から条件の合う方にご紹介します。

物件のローンが残っているけど、売却できますか?
査定額がローンより下回っている場合、お客様のご負担となりますが、提携の金融機関で繰り上げ返済のご相談も行っておりますのでご相談下さい。

投資物件はマンションとアパートどちらがよいでしょうか?
立地によって異なります。賃貸マンションは全体的にみて規模が大きい物が多く、立地によって決まるので、容積率の高い商業地を希望する場合ならマンションの方が理に適っていると言えるでしょう。
比較的に規模が小さいものからあるアパートは、利回りが高いのが魅力です。逆に住宅地であるなら、アパートの方が適していると考えてもよいと思います。

築年数の浅い中古物件がよいのは本当ですか?
必ずしも築年数の浅い中古物件が良い訳ではありません。実は、築浅の物件を希望されるお客様は多くいらっしゃいます。そうすると需要が多くなり、結果として価格が上がってしまいますので、利回りが下がってしまいます。

査定はどのようなことをするのですか?
査定には大きく分けて、机上査定と訪問査定のふたつになります。机上査定は、お部屋の確認は行ないませんが、規制等の調査、周辺の売出・成約事例の調査、市場動向を考慮に入れて、おおよその査定価格を出すものです。訪問査定は、机上査定の内容にプラスして、お住まいを訪問し、お住まいの状態、リフォームの必要性等を確認してから、査定価格を出します。日当りや風通し、騒音等のチェックなども実際のお部屋で確認します。より精度の高い査定価格になります。

買主様はいつ見にくるのですか?
事前にお約束した日時に、不動産会社の担当者と一緒に見学します。